工場の面接での受け答え・志望動機・服装の説明【具体例あり】

工場の面接での受け答え・志望動機・服装の説明【具体例あり】

工場の面接ってどんなこと聞かれるんだろう・・・

質問されての受け答えの方法とかを知りたいな・・・

志望動機とか考えていったほうがイイのかな・・・

服装とかってどんな格好がイイのかな・・・・

こういった疑問にお答えしています。

本記事を書いた理由

製造メーカーに11年勤めていました。面接官も何度かやったことがありその経験をシェアしたくて記事を書きました。

本記事の内容

スポンサーリンク

工場の面接で聞かれること

必ず聞かれる「どんな仕事してたの?」

面接官
面接官

いままでどんな仕事してたの?

転職で工場に入る場合は高確率で聞かれます。

今まで仕事をやっていた人は

あなた
あなた

「○○をという仕事をやっていましたが、製造の仕事をやってみたいと思って面接を受けました。」

こんな感じです。今までの仕事は正社員じゃなくてバイトでもいいです。ハッキリと答えましょう。コンビニのバイトとかでも、工場の面接ではいままでの職歴とかはあまり気にしてません。

いままで仕事をやったことがない場合(ニートなど)

仕事をやったことがない人は、なにか理由を考えておきましょう。

あなた
あなた

「親が病気で介護をしていた、今はだいぶ良くなったので、働こうともいました。」

 

 

あなた
あなた

「実家の仕事の手伝いをていました。実家の仕事が親が事業をやめることになったので働くことになりました。」

(実家の仕事の内容も言えるようにしておきましょう)

あなた
あなた

「学校を卒業してから、経験をつむために海外を回っていた」

 

 

あなた
あなた

「社会保険労務士の勉強をしていたがあきらめて働くことにした」

(資格の種類は何でもいいです)

あなた
あなた

「公務員の勉強をしていたが、落ちたので年齢的にキツクなり働くことにした」

こういった理由をひとつでいいので考えておきましょう。もちろん本当のことじゃなくていいです。

 

あなた
あなた

「働くのがイヤで仕事をしていなかった」

とか本当の理由は行ってはいけませんよ( ゚Д゚)

 

このあたりの理由はホントのことを言ってる人は世の中にはいないので、自分で仕事をやってなかった理由をひとつだけでいいので考えておく必要があります。

※面接でホントのことを言ってる人なんていませんからね・・・性格が暗い人でも「私は明るいです」とか言ってますし。世の中そんなもんです笑。

 

工場の経験はあるか?と聞かれる

面接官
面接官

工場での仕事の経験とかある?

これもよく聞かれますね・・・

工場の経験があるかどうかをよくきかれます。

工場の経験があれば

あなた
あなた

○○という工場で○○を作るラインをやっていました。

 

 

あなた
あなた

○○という食品工場でバイトしたことがあります。弁当のを詰める作業をしてました。

っていう答えていきましょう。

 

工場の経験がなければ

あなた
あなた

「工場で働いたことはありませんが、ぜひはたらいてみたいです」

 

 

あなた
あなた

「工場での仕事の経験はありませんが、ものつくりにとても興味があるので早く働いてみたいです」

こういった感じで「工場では働いたことは無いけど」・・・・・「働いてみたい」言葉をつけたすとポイントが高いです。

「働いてみたい」というと、かなり印象がよくなります。(社畜精神まんまんのほうが会社ウケはいいですからね笑)

こんなかんじで「はたらいてみたい」ってことをアピールするベターです。

 

どうしてうちの工場選んだの?と聞かれる

面接官
面接官

どうしてうちの工場(会社)を選んだの?

 

 

これもよくある質問ですね。

あなた
あなた

「この工場の○○という製品に興味があって、作ってみたなと思いました」

 

 

あなた
あなた

「この会社のホームページを見て、イキイキした雰囲気があっったので働いてみたいと思いました」

 

 

こういったオーソドックスな答え方でもいいです。

※工場のことを言う時には、その工場で作っている「製品の名前」は憶えておいたほうがイイです。

トヨタの車の、○○という部品を作っている
○○というメーカーのフォークリフトを作っている

その工場で作っている製品の名前とかを言うと「こいつ、ちゃんと調べてるな」と面接官に思われて印象が、かなりよくなります。

あなた
あなた

「この工場の給料が良くて、生活を安定させるためにぜひ働きたいと思ったからです。」

「家から近くて給料がイイ、それで働きやすそうな雰囲気の工場だったからです」

 

 

こういったストレートな理由でもOKです。

ムリにむつかしく考えるより、工場を選んだ理由をすなおに一つだけ考えておきましょう。

※面接で聞かれたことは、「はっきりと言い切ったほうが」印象がよくなります。ちょっとまちがっててもいいので「ハッキリと答えて言い切キリ」ましょう。

 

うちの工場仕事キツイっよ?大丈夫?と聞かれる

面接官
面接官

工場の仕事ってきついけどだいじょうぶ?

これもよく聞かれます笑。

あなた
あなた

「大丈夫です!!体力には自信があります」

とはっきり答えたほうがイイですね。体力に自信がなくても「自信がある」的なことをは言っておきましょう笑。

とはいえ、工場の仕事って最初はキツイですけど、体が慣れてくるとキツクありません。

ぶっちゃけ私も体力がないへなちょこな男ですが、フツーに工場の現場で4年ほどやりました。

工場の前の仕事が営業だったんですが、営業に比べたら10倍は楽でした笑。精神的な面がかなり楽になりました。

へたな接客業とか、介護職とか、ノルマのある外回りの営業とかの仕事のほうが10倍きついです。工場の仕事は人と接するストレスが少ないですしノルマもないですし・・・・

 

前の仕事なんてやめたの?聞かれる

面接官
面接官

前の仕事は何でやめたの?

転職の場合はほとんど聞かれる質問です・・・・・

あなた
あなた

「給料があまり良くなかったの辞めました、生活できなかったので・・・給料のいい工場をさがしていました。」

あなた
あなた

「通勤時間が長くて、生活がくるしくなりました。家から近くて給料のイイ工場を探して今いました」

 

あなた
あなた

「バイトをしてたんですけど、正社員(期間工)でお金を貯めたいと思ってやめました」

 

あなた
あなた

「営業をやってたんですけど、おススメできないような商品をお客さんにススメルのが自分に合わなくて・・・・ものつくりの仕事をやって、いい製品をお客さんに届けたいと思ったからです。」

 

あなた
あなた

「販売の仕事をしていたんですが、ノルマのために、お客さんに無理に商品を売るスタンスが自分に這わなくて辞めました。御社の工場でものををつくって、いい商品をお客さんに届置けたいと思っています。」

こういったパターンでこたえていくのがイイでしょう。

 

言わないほうがイイのは

あなた
あなた

「前の仕事がイヤだったからやめた」
「前の仕事で人間関係がイヤでやめた」
「前の仕事で上司にイジメられたのでやめた」

こういったことは言わないほうがイイでしょう。

実際に仕事を辞める理由って「イヤだから」「人間関係がイヤだったから」「仕事がきつかったから」っていうのが9割以上です。

とはいえ、ここで本当のことをは言わないほうがイイです。作り話でも、前に会社を辞めた理由はポジティブなものにしておいたほうがベターです。

・油は大丈夫?アレルギーとかない?
この質問はたまに聞かれます。(自動車系の工場で多いです・たべもの系の工場ではありません)

もちろん

「大丈夫です。アレルギーはありません」

と答えておきます。

とはいえ、製造系の工場ではほとんどが「油」を使います。油でかぶれてしまったりしやすいアレルギーのある人は、製造系の工場での仕事はあまりおススメできません。

仕事をるすると油が体につきますし、手ぶくろをしても、手が荒れたりしますからね・・・・

油のアレルギーの人は食品工場などは油は使わないので、そっちのほうがベターです。

 

やってみたいこととかある?と聞かれる

面接官
面接官

うちに入ったらどんなことをやってみたい??

これもよく聞かれる質問です。

あなた
あなた

「○○という製品を作ってみたいです」

あなた
あなた

「工場のラインの仕事を一通り覚えて、工場のエキスパートになりたいです」

あなた
あなた

「工場の現場の仕事を覚えていって、正社員になりたいです」(期間工・派遣の場合)

あなた
あなた

「工場の現場の仕事を覚えたら、生産管理の仕事をやってみたいです」

あなた
あなた

「工場ラインの仕事を覚えてから、製品の品質にかかわる仕事をやってみたいです。」

あなた
あなた

「現場の仕事を覚えてから、機械設備の保全の仕事などをやってみたいです」

こういったパターンがあります。

工場に入ってからの将来の希望なので、何をこたえても大丈夫です。

これも前もって答えを準備しておくのがベターです。

※上に上げたような質問は、まえもって1つは答えを準備しておきましょう。

「この質問が来たら、こうやって答えよう」

とだいたいの感じでいいです。完璧に答えられなくてもいいので、「おおよそこんな感じで答える」っていうくらいは用意しておきましょう。

志望動機は前もって考えておく

志望動機は前もって考えておく

工場の面接でも「志望動機」は絶対に考えておきましょう。上で書いた「なんでこの工場を選んだの?」といったかんじで聞かれることが多いです。

志望動機の例

・生活を安定させたい

・製造業・ものつくりの仕事をやってみたかった

・体を動かす仕事のほうがあっている

・正社員になりたい(期間工・派遣音の場合)

このあたりの内容をベースに、考えていくのがぶなんです。

志望動機といってもそんなに立派なことを言う必要はなくて、よくありがちな志望動機で十分です。

志望動機は、自分で書いて何回か読んでみよう

志望動機はどんな会社をうけるのにも100%聞かれます。

自分で考えた志望動機を「紙に書きだして」それを何度か読んでみましょう。

暗記する必要なないですが、何度か読んで「こういったことを言っておこう」くらいにはしておいたほうばベターです。

志望動機の考え方は工場面接で志望動機の考え方と話し方【面接官に好印象の具体例アリ】の記事でくわしく書いてるのでどうぞ。

工場に落ちる人のパターン

工場に落ちる人のパターン

工場に取りう人のパターンは以下の通りです。

・面接官の質問にハッキリ答えない人
・入れ墨などがある人
・茶髪・ロン毛、爪が長い(女性の付け爪)

面接官の質問にハッキリ答えない人

面接官の質問にははっきりと答えないと、それだけで落ちたりします。

たしょう間違った答えでもいいので、「はっきりと元気よく答える」ようにしましょう。

実際、私も面接官を何度かやりましたが、

「答える内容よりも、どれだけハキハキと気持ちよく答えるかどうか」

を見ています。ぶっちゃけ、工場の面接って質問の内容とかレベルの高いモノは求められてませんから・・・・

ハキハキと明るく答えていればなんとかなると思っても大丈夫なくらいです笑。

入れ墨などがある人

工場によって違いがありますが、入れ墨とかがある人は面接に落ちる場合もあります。

派遣社員ならちょっとした入れ墨ならだいじょうぶな工場もあります。

とはいえ、入れ墨があるかどうか面接で聞かれたら、ある場合には正直に答えたほうがイイです。

「腰のあたりにちょっとしたタトゥーが入ってます」と正直に言ったほうがいでしょう。

理由は、どのみち工場いはいるときには 身体検査があったりする場合があります。

正社員や期間工だと身体検査があります。派遣の場合は身体検査がない場合が多いので、タトゥーがあってもOKなのは派遣で工場にはいるしかなくなってしまいます。

工場で働くときにのタトゥーについては工場 でタトゥー(入れ墨)アリでも働けるのか?【消す方法も紹介】の記事でくわしく書いてるのでどうぞ。

茶髪・ロン毛、爪が長い(女性の付け爪)

工場でも茶髪、男のロン毛、女性の付け爪とかがあると面接で落ちる可能性が高いです。

面接のときには、黒髪でさっぱりした髪型にしたり、女性の場合は爪はスッキリしておいたほうがイイです。

特に、爪は工場で働くのに、付け爪なんてつけてたら、作業できないです。たぶんイッパツで面接に落ちます。

面接は地味な格好で受けるのがイイですね。

工場の面接での服装

正社員・期間工はスーツ

正社員と期間工の面接はスーツで行きましょう。

たまに、私服で面接を受けに来る人がいますが、その時点で印象は悪くなります。

面接官も「こいつヤル気ねえな」と思って、私服で来た時点で落ちる可能性が高くなります。

※私服で来る人って1割くらいいますが、スーツにしておきましょう。スーツを持ってないなら、安いスーツなら楽天とかで、通販で1万円くらいで売ってるので、買っておきましょう。

派遣は私服でもOKの場合がある

逆に派遣社員の場合は私服とかの人のほうが多かったです。

なんで派遣は私服がOKなのか、謎でしたけど、私服でもフツーに工場に受かっていたので、派遣は私服でも大丈夫です。

とはいえ、工場で派遣社員をやりながら、正社員の仕事を探していくほうが絶対にいいので、面接のためにスーツは持っておいたほうがあとあとラクです。

工場の面接での持ち物

筆記用具

シャーペンかえんぴつ・消しゴム・ボールペンくらいです。

会社によっては筆記試験もある倍があるので、筆記用具は持っていきましょう。

履歴書

履歴書を持っていきましょう。

印刷とか手書きかは、会社で指定してくることが多いので、それに合わせておきましょう。

会社から指定されたもの(身分証明書など)

免許証か保険証などが一番多いです。印鑑なども必要な時があるので、会社からの指示された持ち物はチェックしておきましょう。

まとめ

工場での面接では聞かれることは、ほとんど決まってます。

それに対してどうこたえるかを、準備しておけばだいじょうぶです。

完璧に答える必要はないですし、「だいたいこういった感じでこたえよう」ってのを考えておけばOKです。

工場の面接はそんなにかたっ苦しくないので、リラックスして面接にのぞみましょう。

工場の求人に探し方については工場の仕事に就職する3つの方法【メリット・デメリットあり】の記事にくわしく説明してるのでごらんください。

コメント