転職サイトを選ぶ方法【求人数の多さと担当者の質を重視】

転職サイトを選ぶ方法【求人数の多さと担当者の質を重視】

転職サイトを選ぶにはどうやって選べばいいんだろう?

いい転職サイトってどんなのかな?

本記事の内容

スポンサーリンク

転職サイトを選ぶ方法

転職サイトを選ぶ方法

転職サイトを選ぶ方法は以下の通りです。

・求人数が多いサイトを選ぶ
・対応してくれる担当者の対応がいいサイトを選ぶ

求人数が多いサイトを選ぶ

転職サイトは

「求人数の多い」ものを選びましょう。

理由は、求人数が少ないと「求人を比較」できないからです。

求人を比較できれば「子の求人がいいか悪いか」ってのが判断しにくいです。

また、求人数が多ければ、自分の住んでる場所から近い職場などが探しやすいです。

なるべく求人数が多い転職サイトを選びましょう。

対応してくれる担当者の対応がいいサイトを選ぶ

対応してくれる担当者の対応がいいサイトを選びましょう。

担当者(転職のアドバイザー)の対応がいいと、あなたに合った求人をうまく探してくれますし、非公開求人などもバンバン持ってきてくれます。

履歴書の書き方や面接の受け方のアドバイスももらえますし、担当者の対応がイイと、転職活動がかなり楽になります。

転職サイトのメリット

・質のいい求人が多い
・ブラック企業が少ない(求人を震災してるので)
・担当者からあなたに合った求人を紹介してもらえる
・担当者から転職活動のアドバイスをもらえる

転職サイトのデメリット

・担当者とのやり取りがきらいな人は不向き(完全に一人で転職活動をやりたい人)
・担当者との相性が悪いとやりにくいときもある

おススメの転職サイト

おススメの転職サイト

リクルートエージェント

・転職サイト大手で求人数が圧倒的に多い

・担当者の質も高い

・知名度も高く安定している

 

【リクルートエージェント】(公式サイトに移動します)

パソナキャリア

・転職サイト大手で求人数も多い

・担当者の対応がイイと評判が良い

 

【パソナキャリア】(公式サイトに移動します)

 

ジェイック

・20代向けの若者への求人が多いサイト

・第二新卒(28歳くらいまで)の求人が特に多い

・担当者の対応に力を入れている

 

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!(公式サイトに移動します)

 

転職サイトを使うと得られること

・求人数が多いので、なるべく自分に合った求人を選ぶことができた

・担当者が自分に合った求人を選んでくれるので、時間の短縮になった

・求人誌には載っていない求人が多かった

・担当者の転職活動のアドバイスのおかげで面接でもあまり緊張しなかった

・効率のいい転職活動には転職サイトは必要だったと痛感した

コメント